家庭用蓄電池システム、普及加速へ

今年は家庭用蓄電池システム(住宅用蓄電システム)の元年と業界では言われています。家庭用蓄電池の価格が高価であることから普及は数年先と見られていました。しかし、東日本大震災、福島原発事故の影響で計画停電が実施され、家庭も企業も交通機関も広範囲で大混乱。家庭用蓄電池の普及が加速するのではないかと思われます。

住宅用蓄電システムの元年というニュースは東日本大震災の2日前の2011年03月09日に日経産業新聞で取り上げられていました。

住宅、蓄電システム元年、EV用廃電池を再利用、自動車と組み普及へ安価に。

新設着工戸数が伸び悩むなかで住宅メーカーが事業を拡大するためには住宅の高機能化が不可欠で、その一翼を担うのが家庭用蓄電池。

家庭用蓄電池により、割引のある夜間電力をためて日中に使ったり、災害時には非常用の電源になります。太陽光発電システムが普及すれば、現在、高価格で買い取られる電力も買い取り価格が下落し、家庭用蓄電池の需要が増えると見込まれています。

パナソニックはリチウムイオン電池を使う家庭用蓄電システムを2011年度にも販売する方針を発表していました。
パナソニック、家庭用蓄電システム販売へ-11年度に事業化

最初の日経産業新聞の記事で富士経済は住宅メーカーがリチウムイオン電池を使う蓄電システムを本格販売するのは2013年からと予測していました。

最初の日経産業新聞の記事では、電気自動車(EV)が使い終えたリチウムイオン電池を再利用で家庭用蓄電池の価格が下がるということで住宅メーカー、自動車メーカー、電機メーカーが組んで開発が進められているということです。

電気自動車(EV)では急速な充放電を繰り返すので寿命は5〜10年といわれています。今後、電気自動車が普及すればEV廃電池も増えます。電気自動車での使用はできなくなっても、家庭用では十分に使えるそうです。

現在は新しい蓄電池を使った住宅用蓄電システムの販売を予定している会社も将来的には廃電池に切り替えてコスト低減を計画しています。

電気自動車(EV)の普及がこれからなのでEV廃電池を利用したシステムは数年後からの販売となりそうです。

今は高価な家庭用蓄電池システムですが、東日本大震災、福島原発事故により電力の需給バランスが崩れ、社会が大混乱しています。

電気自動車を家庭用蓄電池として利用するスマートグリッド構想もありますが、将来のことではなく、今ある電力危機を回避するためにも復興支援のひとつとして家庭用蓄電池システムの普及を後押ししたほうがいいでしょうね。

当サイトの関連記事:
ダブル発電!家庭用燃料電池「エネファーム」+太陽光発電
非常用電源「予備電くん」
【業務用】【大容量】非常用電源「予備電くんプロ」

関連ショッピング:家庭用蓄電池/
ホンダ 発電機 EU16i/ホンダ 発電機 EX6/ホンダ 発電機 EU9iGB

月別アーカイブ