荻原次晴さん、蒼井優さん似の14歳年下女性と結婚!

荻原次晴(おぎわら つぎはる)さんが、14歳年下の女性と結婚されたそうです。おめでとうございます。結婚式は、1日に親族だけで挙げたとのこと。お相手は、蒼井優さんに似た会社員だそうです。結婚の報告は、「ズームイン!SUPER」の中で自分で行ったそうです。出会いは、荻原次晴さんが、ファッションショーにお客として訪れていた女性に取材したのがきっかけだとか。

荻原次晴さんが、仕事をきっかけとして、蒼井優さん似の女性に出会いました。ファッションショーといえば、洋服も、モデルさんもきれいで、取材とはいえ、なかなか、一般人にまで目がいかないですよね。蒼井優さん似ということで、お客さんの中でも相当目立っていたと思います。あるいは、荻原次晴さんの好みのタイプだったからすぐにロックオンしたのかもしれませんね。

出会いが、仕事という場合は、ふつう一緒に仕事をしたとか、一定期間、共通目的で共同作業をしていくなかで、お互いの内面が見えたり、尊敬できる面に気づいたり、優しさを感じたり・・・、そこから恋愛感情に発展することはよくあることです。でも、案外、そういった出会いの場合は、その時は感情が高ぶっているから、結婚までいっきに進めることは可能ですが、恋愛に時間がかかると、仕事以外の時間で合うことが多くなり、結構、恋愛感情が冷めていったりしますよね。

荻原次晴さんの場合は、これとは違いますが、逆に恋愛に対して、即効で行動したことがうかがえます。ファッションショーでお客としての女性に取材だから、そんなに時間があったわけではないでしょう。先にきちんと取材をしなければなりません。そのあとで、個人的なお付き合いに持っていくためには、メアド(メールアドレス)の交換や電話番号を教えあうだけでは、進展しないでしょう。

荻原次晴さんの一目ぼれで、すごいオーラが出ていたんだと思いますよ。たぶん、女性の方にもそれに近いものがあったのではないのかなぁ。でも、そこから恋愛、結婚に進展させるには、まめにメールしたり、連絡を取り合ったりと行動力があったからだと思います。なんとなく付き合うだけじゃ、結婚にはいたりませんからね。

双子の兄である、荻原健司さん(参院議員)は、結婚し、離婚し、再婚しています。このお兄さんからの祝福が、「家族はいいぞ」というものなので、やっぱり結婚というのはいいものなのかなぁ。結婚は、タイミングとチャンスをいかにものにするかですね。荻原次晴さんは、1998年、長野冬季五輪のスキーノルディック複合の個人6位、団体5位入賞以上のものを手に入れましたね。

Yahoo!ニュース
荻原次晴さんが14歳年下女性と結婚

月別アーカイブ